HiKOKI 10.8Vコードレスシリーズ

HiKOKI 10.8Vスライド式バッテリシリーズが発売されました!

インパクトドライバWH12DD  ドライバドリルDB12DD・DS12DD

振動ドリルドライバDV12DD

バッテリが差込み式からスライド式になり、バッテリ保持性の向上・通電端子接触点増などの利点+機械本体にブラシレスモーターが採用され軽量小型ながらパワフルに!

36Vシリーズが好調なハイコーキさんですが、業種や用途に合わせたより使いやすいコンパクトタイプも充実しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

近日開催のHiKOKI 2019電動工具フェスタin松山にて、ぜひ実物をご覧下さい!

 

 

 

 

安全帯から『墜落制止用器具』へ

安全帯から『墜落制止用器具』へ

以前より指摘されていた胴ベルト型安全帯による墜落時の身体への影響から作業する方を守るべく法令等が改正され昨年6月に公布、今月2月1日より施行となりました。

詳しくは… 厚生労働省HP 「墜落制止用器具の安全な使用に関するガイドライン」

これにより名称が安全帯から墜落制止用器具に改められ、墜落制止用器具は「フルハーネス型」を使用することが原則となりました。※フルハーネス型の着用者が墜落時に地面に到達するおそれのある場合(高さが建築業では5m以下)は「胴ベルト型(一本つり)」を使用

また、より安全にと新規格が制定され従来の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)を使用できるのは2022(平成34)年1月1日までとなります。

約3年の移行期間が設けられているものの、元請け会社によっては安全対策の為早々に現場入場の基準を新規格に定めていく動きがあるようです。とはいえ今月から販売が開始されたばかりで市場では品薄状態が続いており、現状ではご注文を頂いても2~3ヶ月待ちといった状況です。発売直後の混乱とも見受けられますが、スムーズな移行の為にも余裕を持ってご検討されることをおすすめします。

新規格対応フルハーネス安全帯(墜落制止用器具)

藤井電工

カタログDL

 

 

 

 

 

トーヨーセーフティー

カタログDL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タジマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定休日のお知らせ

誠に勝手ながら都合により、第二・第四土曜日を定休日とさせて頂きます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

《2月の定休日》

2月 9・23日

2019年2月8日

まだまだ使えます!

マキタ インパクトドライバTD134DX2の修理依頼です。

スイッチを握っても動かなかったり、スローが効かずにいきなり高速で回ったりとの症状でのお預かりです。間違いなくスイッチの不良なので早速、分解します。

新しいスイッチに交換し、ついでにすり減っているカーボンも交換します。配線はカプラや端子になっているので間違えないように差し替えで簡単です。

最後に動作チェックし完成です。

14.4Vもあまり見なくなりましたが、造作するにはちょうどいい力加減で重宝します。18Vにし使わなくなっている機械もあると思いますが、バッテリが生きているのであればインパクトドライバはまだまだ使えると思います。本体の修理も比較的安価にてできる場合も多いのでご相談ください。

マキタ 充電式カクハン機 UT130D

マキタ 充電式カクハン機 UT130Dが発売されました!

国内初!!

コードレスで攪拌作業が可能に!電源確保やコードのわずらわしさから解放されます。

コードレスといってもブラシレスモータが搭載されているのでパワーは十分!

「低粘度:塗料など」「高粘度:モルタルなど」の両方(2スピード)に対応しており、さらに「トリガ変速」による微調整も可能です。

材料に合わせて羽根+シャフトを交換すれば、これ1台で様々な材料の攪拌ができます。

 

1充電あたりの連続使用時間(BL1860B/目安)

低粘度/高速 約30分   高粘度/低速 約60分

 

攪拌材の跳ね返りによる汚れや故障から本体を守る保護カバーは、マキタ製にはなかったのでうれしい改良ポイントですね。

バッテリカバーのせいか大きく見える本体ですが、重さはバッテリを含めても2.5KgとAC機(3.2~3.7Kg)と比べかなり軽量化されています。

コードレスで手軽にという需要に応えたDIY向けのインパクト用(6.35mm六角軸)攪拌羽根がプロの方にもよく売れているそうです。

少量・低粘度の材料であれば問題なくお使いいただけると思いますが、連続運転や負荷の大きい材料だと故障の原因になりかねません。作業内容に応じた機械選択が、快適さと無用なトラブルを防止するカギとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年2月4日 | カテゴリー :

定休日のお知らせ

誠に勝手ながら都合により、第二・第四土曜日を定休日とさせて頂きます。

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解頂きますようお願い申し上げます。

《2月の定休日》

    2月 9・23日

2019年2月1日

「触って体感!!デモ機コーナー」設置

「触って体感!!デモ機コーナー」を設置しました!

マキタさんで人気の10.8Vシリーズや、ハイコーキさんで話題の温冷庫など「気にはなるけど実際どーかな」…と感じている方も多いのではないでしょうか。カタログやネット情報より、実物に触れて頂くのがいちばんです!販売店の大事な役割であるとともに、カタログ掲載以外のメリット・デメリットや使い方のアドバイスなど使われる方に合わせたご案内をさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やっと片付きました。

MAX ピストン交換3連発です。

年末から年始にかけて修理で預かりしましたが、部品発注ができず放置していましたがやっと修理をしました。

まずはピンタッカ2台です。どちらもHA-50P2(D)です。

症状はピン釘の頭が浮いたり、釘が出ない等の症状なので、とりあえずバラしていきます。

1台はピストンが少し消耗していてバンパも傷んでいます、もう1台は見事に折れています。

次はHN-50N2(D)の釘打機の修理依頼です。

釘が詰まりピストンが折れたのことでした。

詰まっている釘を除去しピストンとバンパ等を交換します。できるだけきれいにし、試し打ちをし完成です。

現場も忙しい為か、エア工具の修理が非常に多く、簡単ですぐできる修理は自社でし、オーバーホールが必要そうな機械はメーカーにお願いし、何とか乗り越えてる状態です。もっと実績をこなし難しい修理もできるように心掛けていきたいと思います。