最近、多い修理

高圧ピン釘打機の修理

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日立のピン釘打機NP45Hです。

ピンの頭が深さ調整しても釘の頭が残るとのこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解すると案の定、ピストンの先端の破損。

交換して試し打ちして完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マックスのピンネイラHA-50P2(D)の修理です。

症状は上記、日立と同じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分解すると、やはり…

早速、部品交換で完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、日立のピン釘打機NP55HMです。

またも、上記2台と同じ症状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続けて修理していると、要領もよくなりあっという間に完成です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試し打ちをして、気持ちよくツライチで完成です。

高圧の場合は、大きな釘打機と同じ圧でピンを打つと強すぎて、硬いものに当たるとすぐにピストンが折れます。

面倒でも圧の調整をおすすめします。