修理を再開しました

マキタ 防じんマルノコの修理依頼です。

しばらく感謝祭もあり、たいした修理もできませんが少し修理をメーカーさんにお願いし、準備や当日の応対、後片付けに専念していましたが、落ち着いてきたので本当に簡単な修理ですが再開しました。

今回は、マルノコ定規の取付けネジが閉まらないとのことでお預かりしました。チェックしてみるとロックレバーだけが空回りし中の六角ボルトが回らず、ストップリングも変形しています。

とりあえずストップリングとロックレバーを外し、ボルトをチェックすると固くサビつき外れません、5-56を噴いてしばらく浸透させてから外します。ボルトのサビを落とし、ベースも傷んでいるのでタップを切り直します。

ストップリングとロックレバーは新品にしボルトとトーションスプリング、ベースはきれいにし再利用です。組み付けて完成です。ものすごく軽く動くようになりました。

今回はお客さんの要望もあり最低限の修理でした。写真を見ても分かるように、お預かり時はかなり汚れた状態でベースも一部欠けていて、ベース交換がベストでした。今回もそうですが金額に関係なく修理をした機械はできる限りきれいにし納品するように心掛けています。精度等は保証ができませんが、予算は抑えることができ喜んでいただきました。